Reef(仮想通貨)の将来性や買い方を解説していこうと思う

こちらの記事では、

・Reefとは

 

・Reefの将来性

 

・Reefはどこで買えるのか

 

・Reefの買い方を詳しく教えてほしい

 

・Reefは現金で買える?クレカでは?

上記内容に関して記載していこうと思います。

Reefとは

異なるチェーンを繋ぐことができるPolkadotをベースにしてエコシステムとセキュリティモデルを共有することで、DeFiプロトコル間のクロスチェーン統合を可能にしているコインです。

出典:Reef finance公式

上記説明を読んでもさっぱり意味わからん人の方が多いかと思います。

DeFiプロトコル間のクロスチェーン統合を可能にすることでどんなメリットがあるの?と思われるかもしれませんが、

個人投資家の参入障壁を下げてDeFiにアクセスできるようにすると同時に、ユーザーのリスクレベルに基づいた意思決定プロセスを強化することができます。

このプロジェクトは個人的に長丁場になると踏んでいますが、開発理念が信頼できるものであるため、安心して長期保有できるコインだと感じていますね。

DeFi=分散型金融と呼ばれますが、2020年はこのDeFi銘柄に日の目が当たりました。

DeFiが発展することで、銀行口座を作ることすらできない人たちに対して、ネット上で自由にやり取りできる通貨を生成することができます。

この際使用される通貨にReefは当てはまるんですね。

Reefの将来性

①Steamとの連携

2021.Q4にて、Reefはゲーム通信販売最大手であるSteamと提携する予定となっています。

このSteam内で使用できるNFTとしての役割を、Reefが担うこととなり、もし提携完了が発表された場合、大幅な価格上昇につながること間違いないでしょう。

Steamはゲームをプレイしない方にとっては馴染みのないプラットフォームだと思われますが、ゲーマーの方はSteamの規模の大きさがわかるかと思われます。

提携が完了した場合、2021年に大きく話題となったNFT銘柄に属することとなるため、さらなる期待が高まりますね。

②DeFiの将来性=Reefの将来性

DeFiは分散型金融であるがゆえに、中央管理者=仲介者が存在しない市場となります。

中央管理者が存在する市場だと、どうしてもタイムラグが発生することはわかるかと思われます。

現在の日本の銀行から海外にお金を送金する場合、即日送金は不可能です。

生命保険に加入したり、住宅ローンを借りたりすると、1ヵ月程度のタイムラグが発生するのも当たり前です。

しかしながらDeFiが発展することにより、時間的・金銭的コストの大幅な削減が可能です。

ReefはそんなDeFiで使用できる通貨となっており、DeFiの将来性が高い現代、Reefの将来性も必然的に高いといえるでしょう。

Reefはどこの取引所で買える?

2021年9月現在、BINANCEやGate.ioを中心とした22の取引所で購入することができます。

Reefの時価総額は2憶6,000万$程であり、coingeckoでの時価総額ランキングでは220位ほどです。

国内の取引所では購入することができません。

Reefを購入できる取引所(2021年9月時点)

 

BINANCE

 

Gate.io

 

BitMart

 

FTX

 

Houbi Global

 

DigiFinex

 

Bitfinex

 

Bitvavo

 

…その他 14取引所

Reefを購入するならどの取引所がおすすめなのか?

ではXCADを購入するならば、どの取引所を使用するのが最も良いのか。

2021年9月時点のReef購入可能取引所の中では、世界最大手取引所のBINANCE(バイナンス)がおすすめです。

BINANCE

会社 分散事業の為、不明
会社所在地 マルタ
設立 2017年
日本語対応 対応
取扱通貨数 300種類以上
アプリ
公式サイト 公式HP
Twitter
Instagram

BINANCEは、取引額、利用者数ともに世界最大手の仮想通貨取引所です。

会社名は分散型事業を行っているため不明となっていますが、これはいつ国規模の仮想通貨規制が起こってもおかしくないように、リスクヘッジしているからです。

取引量が世界一となっているため、スムーズに売買を行えるのが特徴です。

また、デフォルトで日本語に対応しているため、日本人でも直観操作で扱えるのも嬉しいポイントですね。

サポートも充実しており、即レス即対応で日本語で返信をしてくれます。

Reefはまだまだマイナーコインに属するため、BINANCE以外での取引所では出来高が少なく、スムーズに取引できないこともあります。

国内取引所よりもアクセスが安定しており、取引できる主要コインの幅も広がるため、BINANCEの登録は必須だと言えるでしょう。

\世界最大手の仮想通貨取引所/
BINANCEの公式サイトはこちら

BINANCEでのReefの買い方を詳しく説明

ここからはReefの買い方を記載していこうと思います。

1. バイナンスにログイン、もしくは登録する

まずはBINANCEの公式サイトへ移動します。

会員登録していない人は、上記ページから登録しましょう。

バイナンスへの登録方法は、下記記事にて説明しています。

BINANCEの始め方!仮想通貨取引の方法や入金、登録時に必要なもの等

2.  USDT、BUSD、BTCを入金しておく

※画像はUSDTの現物画面

現在バイナンスでReefを交換できるペアは、USDTペア、BUSDペア、BTCペアの3ペアとなっています。

そのため、自身のバイナンス口座に上記コインを事前に用意しておきます。

3.  マーケットをクリック→「reef」と検索する

バイナンス上部にあるマーケットをクリックすると、様々な通貨が表示されます。

右側にコイン検索欄が存在するので、「reef」と検索しましょう。

一見すると、「reef」の結果はありません。と表示され失敗したかのように思いますが、下記画像の通り「BTC市場」や「FIAT市場」をクリックしてみましょう。

前述したとおり、「Reef/USDT」「Reef/BUSD」「Reef/BTC」3つのペアが現れます。

交換したいペアをクリックしましょう。

4.  Reefチャート画面が出現

Reefのチャートが出てくるかと思われます。

下にスクロールしてみましょう。

売買ボタンが現れます。

ここからReefの購入もしくは売却を行う場合、チャート下に表示されている操作画面から行います。

最初は少し抵抗があるかと思いますが、直観的に操作できる仕様となっているのですぐ慣れるはずです。

Reefは現金で購入できるのか?

現時点では、Reefを現金(日本円)で購入することはできません。

日本人がReefを購入する場合の流れは下記のとおりです。

日本の取引所(コインチェックやbitbank)で、BTCやETHを購入

BINANCEにBTCやETHを送金

BTCやETHをUSDTに変更

Reef/USDTペアを購入

詳しくは、BINANCEにコインを送金する方法を参考にしてみてください。

Reefをクレジットカードで購入する方法はある?

現時点では、直接的にReefをクレジットカードで購入する方法は存在しません。

そもそも国内取引所ではクレジットカードを使用した仮想通貨の購入が認められていないんですね。

一方で、BINANCEではクレジットカードを使用した仮想通貨の購入を行えます。

BINANCEでクレジットカードを使ってBUSDを購入

XCAD/BUSDペアを購入

(USDTで購入したい場合は、バイナンスでBTCを購入後、USDTに変更しましょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です